トップ / 通販サイトで不良品が届いた時

通販サイトで不良品が届いた時

通販での不良品交換

通販で不良品は交換可能か

通販を利用して商品を購入した際に、不良品を交換してもらうことは可能でしょうか。もちろん、ショップ側が同意しているのであれば可能ですが、同意していないときに交換させる法的な権利があるかどうかが問題となります。この点、通販で不良品を交換できる法的な権利があるか否かは民法の規定に従うことになりますが、商品が特定物か不特定物かで結果が分かれます。市場に同じ商品が流通している不特定物の場合には、問題のある商品を発送したのではショップ側が債務を履行していないことになるので、交換可能であるという結論になります。しかし、一点物や中古品で同じものが存在しない特定物の場合には交換することができません。もっとも、瑕疵責任を追及して、契約の解除や損害賠償請求を行うことができます。

不良品の交換可能な場合

通販で、瑕疵のある商品が届いた場合は、送料は事業者負担で、瑕疵のない商品と交換可能です。これに反する特約は無効です。瑕疵のある商品とは、不良品、破損品、使用して不良があることが判明した商品などのことを指します。ただし、問題があることを知りながら、商品を使用・消費してしまった場合は、たとえ不良品でも、返品・交換することはできなくなります。このような決まりは、民法の瑕疵責任の条項で定められています。通販におけるルールは、特定商取引法などの特別法に規定されていますが、特別法に定められていない場合は、民法の規定に従います。

↑PAGE TOP